PCを長く使うならGoogle日本語入力を使うべし

ソフトウェア

IMEって何?

やっはろラリホー
チスイです。
毎日当たり前のように1万字以上の文字をPCで入力しているボクですが、ボクと同じように多数の文字を入力する人がぜひ見直してほしいのがIME設定です。
IMEとは「インプットメソッドエディタ(入力方式エディタ)」の略称で、パソコンやスマホの文字入力をサポートする為のソフトウェアで、PCで文字入力をする上で必ず使われるものです。
IMEの果たす役割は言語によっても異なりますが日本語の場合は多くの役割を果たしています。
日本語は世界でも有数の難解言語です。表現方法だけでも「ひらがな」「カタカナ」「漢字」とあり、しかもそれらが複合して文章が構成されています。当然、全ての表現をどれだけ多くても100前後しかキーがないキーボードで表すのは不可能です。
そこで「ひらがな」で文字を入力した上で、「変換」するという方式で文字が入力されています。さらに「ひらがな」だけに絞ってもまだキーの数に対して文字数が多い為、ローマ字で入力できるようにも対応されています。
これらのローマ字入力、文字を変換しての入力を司っているのが今回紹介するIMEです。

モリー
モリー

難しい説明をしていますがようは標準では画面の右下に表示されているコレの事です。

IMEの種類は?Windowsの標準IMEは?

パソコンを始めとした情報機器にはIMEのいずれかが入っていないと文字の入力ができなくなってしまうので必ず標準で1つのIMEが搭載されています。
IMEにはいくつかの種類があります。全ては列挙出来ないので代表的なIMEを紹介しておきます。

Microsoft-IME

PCの中でもメジャーなwindowsの標準IMEとして開発、展開されているのがMicrosoft-IME
(MS-IME)です。名称からも分かるようにWindowsを展開するMicrosoftが提供するIMEです。日本語に限らずに多くの言語に対応していたりします。シェアは高いですが評価は時代によって大きく異なります。

ATOK

WindowsOSを搭載しない情報機器をメインのユーザーとして展開されたのがジャストシステムという会社が開発・展開しているATOKと呼ばれるIMEです。最近ではスマホの標準IMEとしても使用されていたりします。変換の精度が高い事から常に一定数のシェアをキープし続けているIMEです。

おすすめのIMEはGoogle日本語入力

歴史あるIMEを押しのけて現在シェアを伸ばしまくっているIMEがGoogle日本語入力で、ボク自身もコレを使用、おすすめします!名前からも分かるように、あのGoogleが手掛ける日本語入力用のIMEです。PCはもちろんスマホ向けのIMEもフリーソフトとして提供していて試しに使って見やすいIMEでもあります。

Google日本語入力がおすすめなポイント

数あるIMEの中でもボクがおすすめなのがGoogle日本語入力です。

もしかして機能が優秀

Googleと言われると真っ先にイメージするのが検索エンジンだという人も多いのではないでしょうか?Google日本語入力はこの検索エンジンで培っていたノウハウを活かしたIMEなのですがその最たる特徴が検索エンジンでは当たり前になりつつあるもしかしたら機能です。検索ワードが少々間違っていても「もしかしたらコレですか?」って聞いてくれる機能の事ですね。

Google日本語入力にもこの技術が応用されています。入力している最中から予測変換でこれまでに入力した文字の履歴などから表示してくれるのです。予測変換自体は最近主流のIMEは対応を始めていますがそこはやはり検索エンジンの雄!googleの予測変換の精度はかなり高いです。特に長い文章を打つ事が多いボクのような人にとってはこの予測変換の精度はそのまま入力するキーの少なさに繋がるので楽さが変わってくるポイントです。

固有名詞や最新ワードの対応力が高い

IMEの評価が大きく分かれるポイントになるのが主に変換!特に頭を抱えがちなのが人や地名の名前なのどの固有名詞です。googleIMEでは芸能人やスポーツ選手などの有名人の難しい漢字を使った名前や、海外の長い名前の方なども途中まで入力するだけで予測変換の中に登場してくれます。ちなみにこの固有名詞は実在する人物だけじゃなくアニメや漫画のキャラなんかも該当します。もちろん作品の知名度はある程度必要ですが、現実よりも難解な漢字の組み合わせややたら長い名前のキャラクターなどもこの予測変換により快適に入力できるのです。
またニュースやニーズなどで日々新しい言葉が生まれる日本ではそれらの最新ワードへの対応力の早さもポイント!わざわざ個別に文字を変換するという機会を大きく減らしてくれます。

クロ
クロ

姐さんは特にこの固有名詞の変換に惹かれてIMEをGoogle日本語入力に変更したぜ

モリー
モリー

まさかそんなに変わるわけないでしょ?という当初の思いを見事に打ち砕かれたとも言ってましたね。

学習速度が早い

いくら固有名詞や最新ワードへの対応力が優れていたとしてもすんなりとは入力したいワードが登場しない場合というのはもちろん存在します。そういう時にIMEに求められるのが1度入力したワードをどれだけ綺麗に学習して2回目以降入力する時の変換に反映してくれるかどうか!学習速度の早さです。
Google日本語入力の学習速度は非常に早く、大抵の場合は2回目にはほぼ思った通りに対応してくれる事が多いです。

不満点:手書き入力は非対応

MS-IMEで稀に使用していた手書き入力。漢字は分かるけど読み方が分からない時などに非常に便利なWindows標準搭載のMS-IMEの機能ですがGoogleIMEにはこの手書き入力機能は存在していません。使用頻度はそこまで高いわけではないですが、あったら便利なのにと思うシーンは稀に訪れます。

不満点の対策:IMEは簡単に切り替えられる

とは言ってもこの不満点の解消方法は簡単で必要な時だけMS-IMEに切り替えてしまえば良いのです。WindowsではIMEの切換は非常に簡単に行えるようになっているのでボクは現状メインとしてはGoogle日本語入力を使用しながらも、手書き入力用にMS-IMEも入れたままにしてあります。

クロ
クロ

検索エンジンが元のGoogle日本語入力に「手書き」って概念は確かにないんだよな

モリー
モリー

手書きしないといけない言語も少ないでしょうし、今後対応されるかも微妙な所です。

PCのIMEはGoogle日本語入力で決まり!

IMEは日本語入力を支える根幹的な機能であり、意識しないでも使用できるので多くの人があまり気にしないのではないでしょうか?ボク自身、当初その存在を認識した時は非常に懐疑的でした。変換でそこまで文字入力が劇的に変わるわけないと思っていたのです。
しかしGoogle日本語入力は無料のフリーソフトなので試しに一度使ってみようと思って使い始めてみたら、もうそこから戻す事はなくなりました。予測変換を始めとした機能は本当に便利で長文を打つ事も多いボクからしたらまさに目から鱗です。打つ文字数が減るという事はそのまま時間の短縮に繋がりますし、誤変換の可能性も大きく減らしてくれるのでストレスも減ります。
この恩恵はやはりキーボードに触れる時間が長い人程、大きいですが、ストレスフリーになるという意味ではたまにしかキーボードを使わない人にも効果があります。
何よりもフリーソフトなので無料で試せるIMEなので今まで意識した事がないという人もぜひ1度使用してみてはいかがでしょうか?

コメント