PC画面のスクリーンショットを撮るならpettycameraがおすすめの3つの理由

ソフトウェア

PCの画面のスクリーンショットどう撮ってる?

やっはろラリホー
チスイです

PCの画面を画像として保存しておきたい時に多用するスクリーショット!
ブログをやっているボクとしてはいかにストレスなくスクリーショットを撮れるかというのは結構重要だったりします。

そんなボクが愛用しているスクリーショット用のフリーソフトがpettycameraです。

今回はpettycameraについておすすめできる理由を3つまとめてみました。

pettycameraは古参のスクリーンショット撮影フリーソフト!

Windowsには元々スクリーショットを撮る機能は搭載されていますが、画面全体・或いはアクティブウィンドウ全体を撮影するような形式で汎用性はなくいささか使い勝手が悪いです。

そんなWindowsのスクリーンショットをもっと快適に行う為に作られたのがpettycameraです。
pettycameraは2003年から存在するWindows向けお手軽スクリーショット撮影フリーソフトとしても古参のソフトです。OSの変化に合わせてバージョンアップが行われ、現在ではVer2.0が展開されています。

撮影したスクリーンショットは事前に設定したフォルダに保存されていきますが、保存先も自由に変更ができるので自身でアクセスしやすいフォルダの指定が可能になっています。

pettycameraがおすすめの3つの理由

ウィンドウサイズが自由自在に変えられる

pettycameraの大きな特徴が撮影する為のウィンドウサイズを自在に変更できるという点です。画面の一部だけを撮影したい、最初からサイズが決まっている時には非常に使い勝手が良いです。

サイズは直感的な操作で設定する事ができる他、最初からサイズを指定して撮影する事もできるので撮影後のトリミング作業を行わずに画像を使用する事が出来ます。

キーボードショートカットで撮影が可能

pettycameraの撮影はウィンドウ右下にあるボタンを押して撮影する他、キーボードにショートカットキーを設定して撮影する事も可能です。このショートカットキーは操作の短縮になるのはもちろん、カーソルを非表示にしてカメラを操作するようなゲームとも非常に相性が良くなっています。

加えてこのキーボードショートカットはpettycameraがアクティブウィンドウになっていなくても動作してくれるのでアクティブウィンドウじゃない間ポーズメニューに入ってしまうようなゲームでも問題なく撮影出来ます。

無駄な機能がないシンプルさが良い

pettycameraは設定も最小限しかなく、できる事は非常にシンプルです。その分動作は非常に軽くゲームなどのPCへの負担が大きいソフトと同時に起動していても大きな影響を与える事無く撮影が可能です。

ウィンドウのサイズを指定して撮影・保存する事だけに特化しているのでサッと撮影して本来の作業に戻る事が出来ます。

pettycameraのダウンロード方法

製作者様のページ「rainylain」からダウンロードが可能です。

ページには簡単な操作法などの記載もありますがダウンロードはページ上部から少しスクロールした位置にあります。

クロ
クロ

Windows7以前のOS用に古いverも公開されてるから注意しろよ!

モリー
モリー

Windows7以降に対応している現行の最新VerはVer2.0です

pettycameraの使い方

撮影方法

pettycameraの使い方はとてもシンプルです。pettycameraを起動すると青い枠線が表示されます。この枠線がスクリーンショットの撮影の範囲を表しています。

撮影の範囲は右下の灰色の三角をドラッグしながら変更できる他、灰色の三角を右クリックして開く事ができるメニューの中から数字で大きさを指定して変更する事も可能です。

大きさを確定したら後は灰色の三角の左側にあるボタンを押す、もしくは事前に設定したキーボードショートカットキーを押して撮影するだけです。

モリー
モリー

灰色の三角を右クリックするのは使い始めてしばらく知りませんでしたが便利ですね

クロ
クロ

フリーソフトだからこそ気づいてない機能ってのもありそうだな

pettycameraで設定できる事

保存形式

pettycameraでは用途に合わせて、JPEG、bitmap、GIF、PNGの4種類から保存形式を選ぶ事が出来ます。さらにJPEGの場合に限り、圧縮率を変更する事で画像の綺麗さと軽さのバランスを取る事も可能です。

撮影用のショートカットキー

基本的にスクリーンショットのキーは固定されている場合がほとんどですがpettycameraの場合は独自のキーを割り当てる事が可能です。

保存場所

pettycameraは撮影と同時に保存される為、撮影の都度保存場所を指定する事はなく、事前に設定した保存場所に画像が貯まっていく形式になっています。

保存場所は初期設定ではピクチャ内に生成されるスクリーンショットフォルダに設定されていますが、設定から変更する事で好きな位置に設定が可能です。

撮影したスクリーンショットの名前

保存場所と同じくpettycameraでは撮影時にファイルの名前は自動生成されるようになっています。

初期設定では撮影時の日時から自動生成される形ですが、固定した名前で書き出すように変更する事も可能になっています。

スクリーンショットに困ったらまずpettycameraを使うべし!

元々ブログを始める遥か前から使用していたpetyycamera。

ブログを初めてからさらに多用するようになりましたが、シンプル故にどんなソフトとも相性を気にする事なく使用できるのが大きな強みになっています。

ブログをやる人はもちろん、PCを日常的に使用するなら導入しておく事をオススメします。

コメント