リモートプレイが出来るようになったと聞いて動作を確認してみた

PS4

リモートプレイが開放されました!

やっはろラリホー
チスイです。
定期的に行われるPS4のバージョンアップ。細かい違いながら中にはおぉ?と思わせる内容があるんですが先日行われた7.0バージョンアップでこれまで同じSONYが発売するXperia以外のAndroidスマホにもリモートプレイが開放される事になりました。
というわけで今回はAndroidスマホでリモートプレイをする方法を紹介していきます。

モリー
モリー

今回使用するAndroidスマホはいつものGalaxy10ですよ!

PS4をリモートプレイで遊ぶ方法

PS4RemotePlayをダウンロードしよう

Android側の仕様上、PS4RemotePlayに対応しているのはAndroidOS5.0以降なんですが、正直この仕様はあんまり気にする必要がありません。何故なら現行まだしっかり動作するレベルのAndroidスマホは既に9.0が主流、一部の機種には10.0も配信されている為です。

PS4 Remote Play

PS4 Remote Play

PlayStation Mobile Inc.無料posted withアプリーチ

クロ
クロ

確認してみたら姐さんの1つ前のスマホ(5年近く使用)でも5.0だったからほとんどのAndroidスマホで動くな!

PS4のバージョンアップと設定を行おう

今回のキモであるPS4のバージョンアップは必ず行うようにしましょう。とは言っても基本的には普段使用しているPS4であれば自動でアップデートされているはずです。気になる方は「設定」→「システム」→「システム情報」のシステムソフトウェアの記載を確認しましょう。
また紐付けの為にPSNアカウントが必要になるのでその準備も必要です。

PS4アカウントで紐付けを行う

PS4RemotePlayアプリを初めて起動するとPSNアカウントを入力する画面が表示されます。IDとパスワードを入力するとそのPSNアカウントが使用されているPS4をサーチする形です。この操作は2回目以降は行わず最初から初回に入力したPSNアカウントを探してくれます。

クロ
クロ

SONYは基本的にPS4は1人1台1アカウントって考え方だからアカウントを切り替えて使用するって事は出来ないぞ!

紐付けが上手くいかない時は…

自動で紐付けが出来ない時には手動でPS4を登録する事も可能です。
PS4側の「設定」→「リモートプレイ接続設定」→「機器を登録する」を選ぶと表示される番号をスマホのアプリ側で入力する事でそのPS4を検索するという形なので目の前にPS4が必要になります。

リモートプレイをやってみたレビュー

そんなわけで無事に接続出来たので試してみました。

グラフィックは下手なモニターよりも綺麗

昨今のスマホではまだモニターなどでは高価な有機ELが主流になっている事も影響してかリモートプレイであるという事を考慮してもグラフィックはかなり綺麗です。リモートプレイではどうしてもグラフィックは荒くなってしまいがちですがそこをスマホの有機ELがカバーしている感じですかね。
もちろんある程度通信環境が良くないと通信の過程でデータの一部が破損してしまう関係上、より良いWiFi環境下である必要はあります。

スマホの向きで操作が変わる仕様!気になる操作感は?

そんなわけで無事に接続出来たので試してみました。
スマホを縦に持つと画面の下側にデュアルショック4のパットボタンが現れるのでそれで操作をする形です。この状態だと操作はしやすいですが、やはりPS4の画面は小さくなってしまいます。ちなみにタッチパッドは表示されませんが、PS4の画面をタップする動作がそのままタッチパッドの操作となります。
一方でスマホを横画面にすると画面全体にPS4の画面が表示され、操作は画面上に半透明に表示されるバーチャルなボタンで操作する形。この形だとアナログスティックも非表示になりますが、バーチャルボタン以外の場所をスライドさせるとそれぞれ位置に合わせてスティック操作が出来る形になっています。
感度は良くてそこそこスムーズに操作が可能です。
ただやはりそこは元々物理的なボタンがあるゲーム機なので複雑な操作はなかなか難しいと言わざるをえません。反応云々ではなくやっぱり押してる感じがないって言うのはどうしようもない部分ですね。
ボク自身以前はPSVITAを使用したリモートプレイをやった事があるんですが、通信の安定はスマホが上、操作性はPSVITAに軍配が上がるといった感じでしょうか。やっぱりPS4みたいにもともと物理的なボタンで操作する事を前提にしているゲーム機をバーチャルボタンで操作というのは難しいものがありそうです。
アクションゲームをバリバリ遊ぶのは難しいですが、コマンド式のRPGやアドベンチャーゲームなど素早い操作性を求めないゲームなら十分に遊べるかなと言った感じです。

デュアルショック4は一部端末のみ対応

それならPS4のコントローラーであるデュアルショック4を繋げないのかと考えましたが、残念ながらこの記事を書いている時点ではAndroid側が対応していません。
というのもAndroidがデュアルショック4との接続に対応したのはAndroid10.0から!このOSまだ試験運用状態でGooglePixelなどの一部の機種でのみしか配信されていない状態なんですよね。ボクの持っているGalaxy10もまだ非対応なのでデュアルショック4はただBluetoothコントローラーとしてしか接続できずPS4の操作には反応してくれません。
Android10.0自体は今後どんどん配信がスタートしていくはずなのでこれはSONY側が先行した形と思うと良いかも知れませんね。

余談:普段使用しているデュアルショック4で試さない方が良いよ?

ただ1つ、今回Galaxyとデュアルショック4の接続テストした後に問題が発生しました。
デュアルショック4とPS4が接続出来なくなってしまったんですよ!
PS4に接続しようとしてもデュアルショック4がスマホと接続しようとしてしまうんですよね。デュアルショック4のペアリングは1つしか保存が出来ないので再ペアリングをするのに少し苦労しました。
ボクはなんとかPS4との再ペアリングは出来ましたけど、Androidがバージョンアップするまでは試さない方が良いかも知れないですね。

クロ
クロ

もし今後持ってるAndroidが対応したなら別途用意する方が無難だな

モリー
モリー

使いまわしは難しいんですね

PS4のリモートプレイをする際の注意点

使用はWiFi環境下のみ!

これは今回のAndroidスマホでのリモートプレイに限った話ではありませんが、PS4でリモートプレイが実現出来るのはPS4側、Androidスマホ側がWiFi環境に接続している間だけになっています。通常の回線でリモートプレイを行うとあっという間に通信制限になってしまうだろう事からの措置なのでちゃんとWiFi環境にあるかを確認しましょう。

電源を切る時はスタンバイモードに!

PS4の電源には完全に電源を切るやり方の他にスタンバイモードなんてのがありますがこのスタンバイモードが必須なのがリモートプレイです。リモートプレイではスタンバイモードのPS4しか起動させる事が出来ません。リモートプレイをする前はもちろん、リモートプレイ中にPS4の電源を切る際にも必ずスタンバイモードで電源を切るようにしましょう。

PS4SecondScreenとは完全に別アプリなので注意!

以前紹介した事のあるPS4SecondScreen。同じPS4に関連するアプリで、以前は1つのアプリでしたが現在は完全に別のアプリとして稼働しています。今回開放されたAndroidスマホ版PS4RemotePlayに内包しているわけではないので用途に合わせてダウンロードするようにしましょう。

Googleさん頑張って!

PS4RemotePlayはこれまでSONY製品であるスマホのXperia、SONYのPCシリーズであるVAIOシリーズ、PSVITAなどで可能でした。それがiOSにも開放され今回Androidにも開放される形です。WiFi環境下というのは他の機器と同様で基本的には他の機器と変わらずの操作をする事が出来ます。通信は完全ではないもののそこそこ安定しています。
ただ快適に遊ぼうと思ったらAndorid10.0で対応するデュアルショック4対応を待ちたいというのが正直な所。この対応が出来れば色々な形でリモートプレイを楽しむ事が出来るようになると言えます。
AndoridOSの配信はSONYにはどうしようもない事なので後はGoogleさんが頑張るのを期待して続報を待とうと思います。

PS4 Remote Play

PS4 Remote Play

PlayStation Mobile Inc.無料posted withアプリーチ

コメント