Todoist大型アップデート「Foundations」を反映してみた

Todoリスト

todoistが変わった!

ボクが使用しているTodoリストアプリ!Todoist!
結構細かなアップデートを繰り返しているTodoistですがこの記事を執筆している数日前にFoundationsと名付けた大きなアップデートが行われました。何年か利用しているTodoistですがこのような事は正直初めてで戸惑う所もありましたが、せっかくなのでアップデート内容を確認しながら既存のタスクを整理してみました!ファーストインプレッションになりますがアップデート内容を中心に紹介していきます。

「Foundations」ってどういう意味?

内容に入る前に気になったのでアップデートのタイトルであるFoundationsってどういう意味だろう?という事で調べてみました。どうやら英語で基礎を意味する言葉らしいですね。タスク管理の基礎となる部分のアップデートだから?という事なのでしょうか。

モリー
モリー

どういう思いを込めてこの名前にしたんでしょうね

アップデートの目玉セクションについて

というわけで早速本題、今回のアップデートの目玉と言える機能がセクションです。これはプロジェクト内にさらにグループを作れる内容の物でプロジェクト内の整理に非常に役立ちます。今まではプロジェクトを整理するように中見出し的なタスクを作って管理していたんですが、それをしなくてよくなった形!反映は少し大変でしたが反映出来てしまうとかなり便利ですね!
これまでは親タスクとしても並びで判断する必要があったので優先度を変えるなり一工夫が必要でしたけど、今後がセクションという明確な区切りが出来たおかげでかなり見やすさ、操作のしやすさが向上しますね。グループ分けの為のタスクがあると無駄にタスクの数も増えてしまいますし。
セクションの追加はそれぞれのプロジェクトページ上部の三点リーダーから行う事が出来ます!

クロ
クロ

見やすいさってやっぱり大切だよな

タスク画面も大きくリニューアル

もう1つ大きく変わったと言えるのがタスクの管理画面。これまではコメントなどは独立したウィンドウが開く形でしたがこれからは1つ1つのタスクに管理画面が作られここで一括で管理する形になりました。個人的にはこれもかなりGOOD。操作をする度にあっちを見て、こっちを見てとしなくて済むのはかなり大きいですね。
このアップデートの大きいポイントの1つがこの管理画面でサブタスクまで管理してしまえるようになった事!これでイチイチプロジェクトの方を確認にいかなくても良くなりました。テンプレートで追加したプロジェクトなど、名称が同じになっているサブタスクなども生まれるのでありがたいですね。

モリー
モリー

これは少し慣れるのに時間はかかりそうです

何気に大きい完了タスクの扱い変更

これまで誤って完了してしまったタスクを取り消すのって容易とは言いづらい状態でしたが、今後は比較的容易になります!
というのも完了タスクを表示させる機能が進化。それぞれの親タスクに紐付けられるようになり、取り消しを行う事をタスク管理画面から行う事が出来るようになりました。その場に残る形ではなく、三点リーダーから完了したサブタスクを表示を押す事で表示出来る形なので普段の視認性は下がっていないのも嬉しいポイントです。ちなみに親タスクのないタスクもプロジェクトから表示する事が可能なので丸々復活させる事も可能です。

クロ
クロ

こういう地味だけどありがたい機能も実装してくれると助かるぜ!

デバイス毎に追加された機能も!

上記3つは全てのデバイスに追加された機能ですが、それ以外にも各デバイス単位で追加された機能もあります。主にiOSとAndroid向けの機能なのでボク的にはあまり影響がなさそう(予定の確認はAndroidでもしますがメインはPCのアプリ版を使用しています)

元がシンプルだけに使用感はそのまま!でもかなり見やすくなった!

Todoistを使っている人にとって何よりも大切なシンプルさ。Todoistはリスト型で直感操作がウリなだけに機能が増える事で複雑化する事が必ずしもプラスとは言えないんですよね。でもそこは流石で今回のアップデートの機能が過度な主張をしてこないんですよ。
下手な話、セクションとかはアップデート内容を確認しなければ気づかないんじゃないかというくらい主張していない。さらにそれぞれのアイコンがより見やすくなったりと視認性がかなり向上された気がしますね。

クロ
クロ

シンプルがウリなTodoリストだからな!その方向性はブレてなかったぜ!

今後のアップデートに期待したいポイント!

個人的には今回のアップデートはかなりの良アップデートだと思うんですが細かい所を言えば対応してほしいなぁと思うポイントもいくつかあります。

日本語化が完璧じゃない

今回のアップデートが入る前までは基本的にほぼ完璧に日本語対応が出来ていたtodoistなんですが、今回のアップデートで変更された部分のいくつかにまだ日本語対応されていない部分があるんですよね。
もちろん機能的は使えますしボクは既に使い慣れているので分かるんですけどこれから使う人の為にもこれは早めに日本語対応してほしいなと思います。

セクションの追加をページ下部にも!

今回ボクは追加されたセクションに全てのタスクを対応させたんですが、セクションの追加がプロジェクト上部の三点リーダーからしか出来ないというのは少しだけ不便に感じました。特にボクのように一気に対応しようとしたり、大量のタスクがあるプロジェクトがある状態で追加しようとするとどうしても上下スクロールが増えるんですよね。(セクションはページ下部に追加されます)
非常に細かい部分ではあるんですけどこういう部分に対応してくれるのがTodoistだと思っていたりします。

親タスクの管理画面から子タスクの管理画面への遷移

タスクの管理画面を開いた状態で遷移が子→親は出来ても逆が出来ない一方通行な状態というのが個人的には気になりました。基本的には親タスクから子タスクも管理出来るので問題ないんですが、コメントの記入には対応していないんですよね。親タスクに記入すればいいじゃん?って事なのかも知れないんですけどやっぱり直結する部分に記入したい所です。遷移が難しいなら親タスクからも子タスクにコメントを記入出来るようにして欲しい所ですね。

一部動作が安定しない

アップデートした直後なので仕方ない部分ではあるんですがデイバスによっては一部の機能が上手く動作しなかったりします。具体的にはボクがメインで使っているアプリ版の完了タスクの表示、読み込み中で止まってしまってるんですよね。読み込もうとするタスクの数の問題もあるのかしれないですけど。

モリー
モリー

色々書いていますが重箱の隅をつつく感じなので気長に対応してくれれば嬉しいと思います。

セクションは個人的にかなり嬉しい!今後もTodoistのアップデートに期待!

わざわざ名前をつけてアップデートするくらいなのでもしかして使い勝手が大きく変わってしまうのかもと不安になったTodoistのアップデートでしたが蓋を開けてみると個人的にはかなりの良アップデートだと思いました。特に目玉であるセクションは個人的にかなりありがたい。反映は大変でしたがかなり視認性を高める事が出来ました!
todoistは本当に細かいアップデートが多くて、実はこの記事を描いている時点で既に「Foundations」と名付けたアップデートの次の対応アップデートなどが来ていたりします。今回改善して欲しいポイントも挙げましたけどいくつかは比較的早期に対応されるんじゃないかと思ってみたりもしています。それだけ細かくアップデートしてくれるので使いやすいんですよね。
そんなわけで今後のアップデートにも期待しながら今後もtodoistを使っていきたいと思います!

コメント